toyotires
 


2013年02月27日

天然ガス30%安く!

リーフの乗り方
で取り上げた「悪意のある記事」が海を越え、アメリカで客観的に報じられている。悪意ある記事であっても別のメディアによって冷静に報じられると信憑性出てくるから不思議。アメリカで取り上げられた記事を見ると「2年で航続距離が半分になった」「充電時間は15分から40分以上になった」。

・アメリカで取り上げられたリーフの記事

日本の元記事をそのまんま伝えている。上の記事を読んだアメリカ人は、状況についちゃ信じることだろう。記事のコメントを読むと、事実関係を疑った意見出てない。問題は正しい内容だったか、だ。航続距離が半分になった大阪のタクシーは存在するかどうか確認中です。今週中には判明すると思います。

日経Webは「伊藤忠が2014年末から日本の需要の8%にあたる100万トンの天然ガスを中東価格の30%安で調達する」と報じている。今までアメリカの
天然ガスは2010年代後半になる、などと言われていたのに突如こうなった。何度も書いてきた通り、アメリカは日本に手年ガスを売りたいのだ。

30%安というのが微妙な数字。決して安くない。原油価格とリンクした中東の天然ガスの相場ベースなら半値だっていいくらいです。とは言え現在より安くなるし、
アメリカ側に取っちゃ原発ビジネスより儲かる。総合的に考えれば悪いハナシじゃありません。このニュースを見て「アメリカの子分に戻りましたね」。

自民党政権になり、急激に親米となった。安倍さんとオバマ大統領の関係は一部のメディアのみ「良好」と伝えているのみだけれど、いかがなものだろうか。まぁそんなことどうでも良い。アメリカとのパイプは太いですから。一つだけ気になるのが普天間の辺野古移転。これだけはカンベンしてもらいたい。(国沢光宏)

posted by polishfactory5 at 08:27| Comment(2) | 素晴らしい記事2013
この記事へのコメント
NEWS・ZEROみました。
そう言えば、むかしガソリン改質やプロパン改質型の燃料電池がありましたね。
あれをもう一度引っ張り出してきて、天然ガスとからめて何とかならないですかね。
Posted by ぱんだねこ at 2013年02月27日 23:45
27日NHKのニュースでもやってました、でも100BTUあたりアメリカは3ドルで出しても液化と運送コストで10ドル近くになるといってましたそれでも他で買うより安い、これでもNHKでは液化石油ガスといっていたようなシェールガスと違うのでは?。
Posted by at 2013年02月28日 06:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。