toyotires
 


2013年03月13日

コンボ難航?

欧米の急速充電インフラはチャデモかコンボかで主導権争いになり「コンボでいこう!」という結論が出ている。しかし! ヨーロッパのSAにある充電器をチェックしてみたら、200V普通充電の他、何とチャデモも! 日本では見たことの無い充電器だったけれど、カプラーはまごうこと無きチャデモでございました!

3131e.jpg

カプラーは初期型

利用者は少ないようで、まだキレイな状態でした。急速充電器、重いためかチカラ任せで扱われる傾向。利用頻度高いとけっこう傷みます。隣にあった200V普通充電は、日本でもお馴染みの世界共通型カプラー。チャデモの急速充電器も200V普通充電も利用料金は無料となっていました。

3132e.jpg

オシャレなデザイン

ジュネーヴショーには何台かの電気自動車が出展されていた。下はGMの『スパーク』という1,2リッター級のコンパクトカーをベースにしたモデル。リーフの24kWhより少ない20kWhの電池を搭載している。もちろんこのサイズの電池容量だと、200V普通充電だけじゃ運用しにくい。7時間掛かりますから。

3133e.jpg

世界一速い市販電気自動車と言われる

当然ながら急速充電カプラーが付いているハズ、ということでチェックしてみたら、あらま! 下の写真を見て欲しい。コンボのソケットながら、下の急速充電部分に穴が空いてない。まだコンボの詳細なスペックは決まっていない、と言われているけれど、実用化までしばらく時間掛かりそうな雰囲気。

3134e.jpg

下が急速充電用

一方、電気自動車は今年から続々市販に入る。その間、コンボ陣営しか使っていないメーカーは、急速充電出来ないと言うことになります。かといってコンボ方式を決めてしまったメーカーは、2つのソケットが必要なチャデモ方式を採用できない。もう一つ給電口を付けなければならないですから。(国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 08:52| Comment(1) | 急速充電施設
この記事へのコメント
CHAdeMOでいつも疑問に思うのは、なぜ普通と急速が分かれているのか?

車両側は急速ポートのみにしてしまい、ACアダプタのように、1kWとかの充電器を経由させて急速充電用ポートにつなげばいいのにと思うのですが。

その点、テスラは合理的な考え方で車両側は独自仕様のポートが1つあり、アダプタでコンセントや急速充電器、さらに日本仕様ではCHAdeMOとさまざまな仕様に対応できるようになっています。

なぜ、日産や三菱・トヨタなどはそのような仕様にしないのか謎です。
Posted by mania3bb at 2013年03月14日 08:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。