toyotires
 


2013年04月02日

電池トラブル2

残念ながら三菱自動車のリチウム電池トラブルの情報公開が進んでいない。いや、正確に言えば三菱自動車側は割と積極的に状況を説明してくれるのだけれど、最終的に「調査中」になってしまうようだ。当事者であるGSユアサは一段とタチが悪く「三菱自動車さんとの関係があるので何も答えられません」。

何のことは無い。月曜日になっても状況は全く変わっておらず。回答は「解らない」です。少なくともGSユアサは100%原因を掴んでいると思う。だったら三菱自動車の方からGSユアサに状況を説明してよい旨を伝えたらいい。三菱自動車が「GSユアサさんには情報公開を許可してます」と言えばOKであります。

今のGSユアサの対応のままだと三菱自動車がトラブル隠しを指示しているように思われてしまう。もしかしたら実際そうなのかもしれませんけど。このあたり、外野からだと全く解らない。ただ開発統括部門長の中尾役員など、隠し事をしない人だと私は思っている。1日でも早いトラブル状況の途中経過を発表すべきだ。

追い風は、メディアがあまり三菱自動車叩きをしていないこと。もはや興味ないということなのだろう。こんな時にキチンと対応しておけば、三菱自動車の評価だって上がる。何度も書く通り、電池のトラブルはあまり心配しなくてよい。トラブル出るなら基本的に最初の充電だし、マンガン正極のリチウム電池は燃えない。(国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 08:00| Comment(1) | 電池
この記事へのコメント
GSユアサB787のこともあるので大変だろう、B787飛べなくなってずいぶんになるが車でもそうだがあまり長く止めていたらトラブルが起こるのでは錆びるのでは(ボデイ翼は東レの炭素繊維だから錆びないが)、もちろん飛ばなくてもメンテナンスきっちりしてるだろうが、航空会社と製作したボーイング社で欠航分の損害賠償問題が起こるのでは。
Posted by at 2013年04月02日 13:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。