toyotires
 


2013年06月27日

86祭り?

車検会場となったコロラドスプリングスのワールドアリーナの駐車場ですが、非常に大きなスペースとなっております。これを二つに分け、一つが車検会場となっております。もう一方のスペースを使って、コースが作られてます。

Sdim0254
今回、この車検日は、プレゼンテッド・バイ・サイオンということで、この特設コースを使って、サイオンFR-S(トヨタ86の米国版)の同乗走行ができるようでした。完全市販車のままのFR-Sが何台か走り回っている中、ゼッケン79のFR-Sも走り出しました。

Sdim0273
このFR-S、さんざん走り回った後に車検の列に並んでました。実は今回パイクスに参戦する車両そのもの、だったのです。なかなか楽しい輩ですね

Sdim0282
今回、参戦するFR-Sは2台。ゼッケン79はシード・コウセビック選手、そしてゼッケン86がロバート・ウォーカー選手です。

Robeat86
さらに吉岡稔記選手の駆るスバルBRZも加えると合計3台がエントリーと言えますね。

Toshiki104
いずれもタイムアタッククラスへの参戦です。こちらの戦いも目が離せません。(XaCARレポーター・青山義明)

posted by polishfactory5 at 17:20| Comment(0) | パイクスピーク速報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。