toyotires
 


2013年06月29日

取材の足

パイクスピークインターナショナルヒルクライム取材のため、アメリカ・デンバーに降り立ち、そこから陸路コロラドスプリングスに入る道中を楽しもうと思っていました。しかし、ピックアップポイントに行ってみると、借りる予定であったその車両がなく、仕方なくレンタカーを借りて、コロラドスプリングスへやってきました。

そして、予定より1日遅れで車両が無事に到着しました。翌火曜日の取材からがっつりと使わせていただいています。その車両というのは、三菱のアウトランダースポーツです。

001_outlandersport
日本にもあるクルマですが、この名前ではパッと思い浮かばないかもしれません。日本名はRVRです。アウトランダーのコンポーネンツを流用していることで、このネーミングになったのでしょう。ちなみに、欧州ではASXというネーミングがつけられていますね。アウトランダースポーツは、昨年よりアメリカ・イリノイ州の工場で現地生産されています。

002_outlandersport
大きく変わっているのは、225/55R18サイズのタイヤを装着していることくらいでしょうか。車両サイズは、全長4295×全幅1770×全高1630mm(国内仕様より15mmアップ)、ホイールベース2670mmと、基本的には日本仕様と大して変わらないですね。

ただ、日本仕様の1.8Lではなく、アメリカ版は2.0Lエンジン仕様となっています。直列4気筒2.0L MIVEC(4B11型)エンジンは、148hp/20s・mを発揮します。6速スポーツモードCVTと組み合わせるのは国内仕様と変わりません。

003_osengine
もう少し排気量が欲しいかなと思ったのですが、実際に乗ってみると、なかなかこれが、いい具合です。もちろんパイクスの登りではもう少し排気量が大きいほうが楽かな、とも思いますが……。パドルシフトによるリアクションのタイミングもばっちりで、毎日のパイクスへの通勤も楽々、です。

004_osdashboard
ちなみに、兄貴分の新型アウトランダーは、ランエボXとともに、今回のパイクスピークで、オフィシャルセーフティカーとして活躍しています。(XaCARレポーター・青山義明)

 

005_outlander
posted by polishfactory5 at 16:26| Comment(0) | パイクスピーク速報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。