toyotires
 


2013年07月01日

モンタジは?

パイクスピークインターナショナルヒルクライムのゴール地点では、セバスチャン・ローブ選手の大幅な記録更新で盛り上がっていますが、4輪のレースはまだまだ始まったばかり。アンリミテッドクラス、そしてタイムアタッククラスがスタートしていきます。

タイムアタッククラスの走行がスタートしてしばらくすると雨が降り出し、それはすぐにヒョウに代わりました。タイムアタッククラスの次に控えているのがEVクラスです。この時間になると、ロアセクションでも雨が降っており、EVクラスのトップバッターとなるグレッグ・トレーシー選手の三菱陣営はタイヤをに変更し、グレッグ選手と増岡浩選手を送り出す。その後に続く田嶋伸博選手はGiTiのカットスリックを履いて決勝に臨みました。

「雨のレースは20年ぶり。とても怖かった」というグレッグ選手、そして「雨のテストをやれてこなかった」という増岡選手。それぞれ10分23秒649、10分21秒866とともにタイムを10分台に収めています。

001monster 
田嶋選手も「ひやひやだった」といいながらも9分46秒530のタイムを叩き出し、EVクラスのタイム記録を更新しての優勝を飾りました。

002monster 
ロッド・ミレン選手はインターミディエイトのタイヤで出走。10分24秒301のタイムでEVクラス4位となりました。

その後は天候が悪化し、続いて走行したヤニス・ホレリクス選手は、ブレーキングポイントが川のようになっていてスピンし、そのままマシンは横転。リタイアとなってしまいました。ヤニス選手は肩の骨を折り、病院へ搬送されました。

続く塙郁夫選手は、スタートポイントで30分も待たされるなどあったものの、ウエット性能のアップしたブルーアースAを装着して快走。しかし、ゴール2つ手前のコーナーで突然のシステムエラーが出て、マシンを止めることとなってしまいました。

アッパーセクションでは5m先もわからないほどの濃霧の中での走行となったロイ・リチャーズ選手(フィットEV)は17分30秒614という総合130位で今回一番遅いタイムながらも無事完走を果たしました。(XaCARレポーター・青山義明)

posted by polishfactory5 at 18:41| Comment(0) | パイクスピーク速報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。