toyotires
 


2013年07月04日

NSX+GMエンジン

先日ここで紹介したパット・ドーラン選手のフォードRS2000は、練習走行初日にクラッシュし、その後修復を重ね、パイクスピークインターナショナルヒルクライム2013では見事完走しました。その同じ練習走行初日にクラッシュし(結局出走を取りやめ)たマシンをここで紹介しましょう。その名は「LoveFab Enviate」。ドライバーはLoveFabのオーナーであるコディ・ラブランド選手。

001_acuransx
LoveFab号は昨年、パイクス初挑戦でした。11分39秒766でアンリミテッドクラス2位という好成績を修めています。(上の写真は昨年のLoveFab号)。

002_lovefab_enviate
そして、今年車検場で再会したそのマシンは昨年から大きく進化していました。昨年は「1991年式Acura NSX」とマシン名にNSXと入っていたのですが、今年は、シボレー製のV8エンジンを縦に積んだマシンです。NSXのパーツと言えば、サブフレームとサスペンションのみ。さすがにNSXとは言えなくなったということでしょう。最近は空力解析をした非常にきれいなマシンが居並ぶだけに、なんだか「これぞパイクスピークだ!」と言える一台でもありますね。

003_lovefab_enviate
昨年は、「こんなにまで伸ばしますか?」的なフロントセクションですが、今年はずいぶん切り詰めた仕様になりました。塗装が間に合わなかったこともあり、なんだかエレファントマン(!?)的な印象を受けました。また、リアセクションは非常に大きな翌端板が一層目を引くものになりましたね。

Ao539490
で、このマシン。日本でも「NSXリタイア」という一部報道があったので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、アンリミテッドクラスにエントリーしていました。クラッシュは、左リアの足が折れたことが原因。そのままスピン&クラッシュで炎上したということです。パイクスピーク決勝は、修復が不可能ということで、リタイヤを決めました。

Ao539512
しかし、金曜日の夕方に、コロラドスプリングスのダウンタウンで行なわれたファンフェスタに、LoveFab号の展示を行なっていました。それもその燃えてしまった車両の展示です。ドライバーのコディも顔を出してしっかり元気でした。とても炎上した車両からは想像できませんね。ホイールはみんな変形しているし、鋼管フレームは一部ちぎれていたり、シートも焦げていて、クラッシュの酷さがわかります。

Ao539504
それでも、コクピットスペースはしっかり残っています。こういうマシン作り、さすがですね。(XaCARレポーター・青山義明)

posted by polishfactory5 at 09:21| Comment(0) | パイクスピーク速報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。