toyotires
 


2013年07月06日

この箱はナニ?

001
パイクスピークインターナショナルヒルクライム2013に進化したEVマシンTMG EV P002を持ち込んだTRD-USA。スタート前のこのマシンの後ろには、常に白い小さな箱が用意されています。

002
箱からは2本のパイプが出ており、マシンにつながっています。箱自体はブーンという小さなうねり音も聞こえます。

003
気にしていると、とあるタイミングでこのボックスが開けられました(早速写真を撮っていたらすぐに閉められてしまいましたが)。その後ここには氷が入れられていました(スタッフの足元には水タンクもあります)。つまりクーリングのユニットですね。

004
これがモーターを冷やしているのか、バッテリーを冷やしているのか、はたまたその両方なのか、教えてもらえませんでした。が、やはりレーシングEVには、徹底した冷却が必要なんでしょうね。(XaCARレポーター・青山義明)

posted by polishfactory5 at 23:50| Comment(0) | パイクスピーク速報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。