toyotires
 


2013年07月12日

電気バイク増加

000
91回目のパイクスピークインターナショナルヒルクライム2013には、3メーカー8台の多くの電動バイクが登場しています。先日紹介したトップタイムをマークしたライトニング社の1台以外のバイクを今回はを紹介したいと思います。

まず1台目、先日ここで紹介した2輪車部門最上位の2013最速マシン「ライトニング・エレクトリック・スーパーバイク」とクラスとしては同じエキシビジョン・パワースポーツで出場した「Amarok P1A」。

001
このカナダの電動レースバイク、そもそもは三菱MiEV Evolution IIをドライブしたグレッグ・トレーシー選手が乗るはずだったもの。カナダ人ライダーのマイケル・レオン選手が代わって乗りました。

アマロックのP1A。プロトタイプの状態で7.4kWhのリチウムポリマー電池を搭載。車両重量147sで出力は80馬力。

002
しかし、残念ながら決勝ではアッパーセクションでマシンを止め、リタイアとなってしまいました。決勝のタイムですが、セクション1で2分29秒、セクション2で3分14秒、セクション3で3分47秒という、このペースで見るとリタイアせずとも13分30秒を切る程度のタイムですね。

005
倒して置いているのですが、よくよく考えてみると、これって、電動車だからこそできる技とも言えますね! ガソリン車じゃガソリン漏れちゃうでしょ?


続いては、ZEROという会社のバイク。こちらは、6台以上でクラスが成立するということで、、FX3台、Sを3台の2車種6台を投入し、エキシビジョン・パワースポーツZというクラスを成立させてしまっています。

003fx_s   
左がオフロードタイプ系のZEROステルスファイター「FX」、右がオンロードモデルのストリートファイター「S」。カリフォルニアのサンタクルーズに本社のある電動バイクメーカー。ライダーたちは
移動の際も同社のナンバー付の市販車に乗っていました。


ZEROの6台は全車とも完走。最速はジェフクラーク選手のFX(777m号車)。タイムは12分00秒978で、総合63位でした。

006
そろそろ2輪でもエレクトリッククラスが成立しても良さそうですね。そうしたら、マン島へ出場したことのある、あんなバイクやこんなバイクも日本から参戦する可能性は出てきますかねぇ?(XaCARレポーター・青山義明)

posted by polishfactory5 at 00:42| Comment(0) | パイクスピーク速報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。