toyotires
 


2013年07月21日

EVレース始まる!

2013 JEVRA(全日本電気自動車グランプリ)シリーズ第3戦は、シリーズ初開催となる茨城県・筑波サーキット・コース2000が舞台となっています。夏休み最初の週末となる7月21日(日)、この一日で、練習走行から、予選、そして決勝が行なわれます。

この日の筑波は、早朝から薄雲が広がり、終日雲に覆われるという予報で、暑さが和らぎ、過ごしやすい一日がスタートしました。予定されたスケジュールは朝7時25分から25分間の練習走行(スポーツ走行)があり、10時10分から公式予選、そして16時25分からコース25周で争われる決勝レースと非常に長い一日となります。

Ft86pit 
朝の練習走行では、一番最初にコースインした金沢秀好選手(#39 ウエルマー☆ビルズ☆FT86EV)ですが、なんとインラップの第2ヘアピンで、ギヤが欠けてしまって、そのままリタイアとなってしまいました。この 86、実は前回このシリーズに出走した時点から大きく進化をしており、実はモーターを大きなもの(出力が75kWから145kWへ!?)に変更しているということです。

Ft86 
金沢選手は、「シフトダウンの時に失敗したかも…」とそうとう凹んでいましたが、繁原製作所の繁原秀孝社長は「ちょっとモーターが大きすぎたかなぁ、前回もテストでね、シャフトがねじれてミッションが外れてしまったんですよ。今回はそれを補強してきたんですがねぇ。まだまだ進化の途中。テストで壊れるのが当たり前ですよ」と笑い飛ばしていました。次回は富士のJEVRA戦(11月3日開催)でリベンジをするということで、EVに対してミッションの有効性を探る繁原製作所の挑戦はまだまだ続きそうですね。

また、今シーズン開幕戦に出場し、第2戦は欠場して、作戦を練り直してきたマツダ・デミオEVは、車高を50mmほど下げ、足も硬めてやってきています。バネレートは公開されていないのですが、スーパー耐久などに出るくらいにはなっているということです。デミオEVのステアリングを握る菰田潔選手も「足は思ったほど硬くはないがSタイヤに負けていないのでいい感じだね。前後のバランスもよく、トラクションもあるので、コーナーの出口が楽だ」と高評価。

Demioevpractice 
問題は「電費が悪すぎ、とても25ラップは走りきれない」といいます。ただ、この練習走行に参加したレーサー鹿島選手や田中耕介選手らリーフ勢もこの筑波のコースの感触を異口同音に話しています。路面のミューが高くその分走行抵抗となってしまっていることと、スピードが出やすいわりにしっかり減速をする必要のあるコーナーが多いというコースレイアウトも影響している様子。各車ともに、いかにアクセルを踏まずに走り切るかを探っていきそうです。

今回、急きょ砂子塾長選手(#8 TAUS東京自動車大学校TESLA)もマシントラブルで参戦を見合わせたため、参加台数は8台と寂しい開催となってしまいますが、初の筑波で、どういった戦いが見られるか、期待したいですね。(XaCARレポーター・青山義明)

posted by polishfactory5 at 20:07| Comment(0) | イベント>EVイベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。