toyotires
 


2013年07月24日

リーフでサーキット走行

2013JEVRAシリーズ第3戦・筑波の練習走行枠は、JEVRAの会員組織CLUB JEVRA(クラブ・ジェブラ)にも開放されました。朝7時25分からという早朝の走行セッションにも関わらず5名ものリーフオーナーがこれに参加しました。

Cj1001 
走りに行くというクルマとは違うと思うのですが、これがまた参戦車両もビックリなクルマもチラホラ。この25分間の走行は、JEVRAレースに出る参戦車両も練習走行枠として使っているので、それらと一緒に走行が可能。純粋にスポーツ走行を楽しむだけでなく、レース参戦車両との違うをコース上で確認することも可能ということを考えると、ちょっとお得な感じですね。

Cj1002 
普段からサーキット走行をされている方もいるようですが、環境が整っていないサーキットでの走行はなかなか厳しいものがあります。わずか25分間の走行ですが、真剣に走り込めば、電気もカラになってしまいます。走行後に普通充電(きちんと200Vの充電環境があったとして、それでも満充電まで8 時間。100Vならさらに…)と考えると、まだまだハードルは高いですね。

Cj1003 
しかし、このJEVRAのEVレース開催日となると、仮設ではあるものの急速充電器がやってきますし、充電環境も整っており、一度EVでサーキット走行したい、という向きには、この走行会はいろいろお得かもしれませんね。(XaCARレポーター・青山義明)

Cj1005
posted by polishfactory5 at 20:15| Comment(0) | イベント>EVイベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。