toyotires
 


2013年07月27日

充電器の進化

太陽光発電協会(JPEA)が主催する太陽光発電に関する総合イベント「PVJapan2013」が7月24日から26日にかけて、東京ビッグサイトで開催されました。太陽光発電のセル/モジュールメーカーやゼネコン・住宅関連の各社が出展するイベントですが、EVに関する展示もほんの少しだけですが在りました。

Molitec 
それが、ケーブルリールを内蔵した充電スタンドです。これを出品したのがモリテックスチールという大阪のメーカー。特殊帯鋼の販売、焼入鋼帯の製造販売等を行なう会社です。が、この会社のコードリールは、独自設計で製作しており、ジャー炊飯器からミシンや扇風機まで家庭用電化製品の電気コードの巻取りパーツとして採用されているようです。

そんなコードリールの技術を使って、参考出品となったのが1460×170×295mmサイズの普通充電スタンド。ケーブル有効長は7m(収納長は5m)です。ケーブルリールの巻き取りの方式は明示されませんでしたが、自由に引き出すことができ、ケーブル引き出し口の横にあるボタンを押すことでケーブルが巻き取られるようになっています。

この商品、現在開発中で、年内の販売を考えているということです。もちろん補助金の対象となるべくそちらへの申請も進めているといいます。もちろん単独での販売だけでなく、巻き取り機構だけを充電器メーカーへ、という売り込みも視野に入れているということです。

こうやってコードを巻き取ってくれるのなら、コードも汚れずにいつでもきれいに充電ガンが使えそうですね。(XaCARレポーター・青山義明)

posted by polishfactory5 at 20:17| Comment(0) | 急速充電施設
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。